忍者ブログ

競馬予想 無料【日本ダービー】GI~競馬予想データCLUB~

競馬予想 無料 5月 東京競馬場開催 日本ダービーG1についての情報掲載☆レースデータ分析も公開中!是非、あなたの競馬予想(馬連・馬単・3連複・3連単)の参考にしてみてくださいね♪

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

競馬予想 無料 日本ダービー 東京優駿 解説

競馬予想 無料 日本ダービー 東京優駿 解説


創設の経緯

日露戦争で内外の軍馬の性能差を痛感した政府によって国内では産馬育成が奨励されたが、1908年(明治41年)に馬券の発売が禁止されると、馬産地は空前の大不況に見舞われた。大正中期より産馬業者から東京競馬倶楽部会長の安田伊左衛門に対し「イギリスのクラシック競走であるダービーステークスのような高額賞金の大競走を設けて馬産の奨励をしてほしい」という意見があり、予てからの自身の構想と合致すると考えた安田は、馬産の衰退を食い止める手段としてイギリスのエプソム競馬場のダービーステークスを範し、

  1. 4歳(現3歳)牡馬・牝馬の最高の能力試験であること。
  2. 競走距離が2400m、又は2400mに限り無く近いこと。
  3. (開催国で催される競馬の)最高の賞金額を設定すること。
  4. 2歳(現1歳)秋から4回の出走登録を出走資格の条件とすること。
  5. 負担重量は馬齢重量とすること。
  6. 施行時期は原則的に春季とすること。
  7. 以上1から6を満たす競走は国内において本競走のみとすること。

という7大原則のもと4歳(現3歳)牡馬・牝馬限定の定量の重賞競走東京優駿大競走として創設することを1930年(昭和5年)4月24日に発表、初回登録が同年10月に行われた(牡92頭、牝76頭、計168頭)。第1回は1932年(昭和7年)4月24日に目黒競馬場(旧・東京競馬場)の芝2400mで施行された。第1回の競走の模様は発走前の下見所の様子から本馬場入場、表彰式に至るまで、全国へラジオ中継された。

優勝馬の賞金は1万円、副賞として1500円相当の金杯のほか、付加賞13530円が与えられ、合計で2万5000円ほどとなった。従来の国内最高の賞金が連合二哩の6000円であったから、賞金の額も飛び抜けて破格であり、折からの好景気も相まって幼駒の取引価格が跳ね上がった。

また、それまで日本国内では競走馬の年齢を出走資格に定めた競走の開催は限定的であり、2歳(現1歳)からの定期的な登録を要件とする本競走の創設によって、国内における競走馬の生産、育成、競走と種馬(牡牝とも)選抜のサイクルに初めて明確な指針が与えられた


意義

中央競馬が誇る八大競走の1競走で、皐月賞・菊花賞とで中央競馬の牡馬クラシック三冠競走を構成する。牡馬のクラシック三冠競走として皐月賞は「最もはやい馬が勝つ」、菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と言われるのに対し、東京優駿は「最も幸運な馬が勝つ」という謳い文句がある。これは圧倒的な有力馬と目されていたものが、最大の目標であり世間の注目の集まる本競走において何らかのアクシデントによって勝利を逃したり、出走を断念せざるを得ない事態[5]に見舞われる例が屡見られるのを象徴している。桜花賞・皐月賞のどちらかと近年新設されたNHKマイルカップを合わせて変則三冠競走と呼ばれることもある。

日本の競馬における本競走の位置づけは特別である。皐月賞や菊花賞など他の競走はスタンド改築などにより他の競馬場で代替開催されることはあるが、東京優駿は第3回に目黒の競馬場から現在の府中の東京競馬場への移転によるコース変更があっただけで他の競馬場での代替開催は一切行われたことがない。過去に東京競馬場のスタンド改修などがあった時にも時期をずらして施行されている。また、近年は東京競馬場の改修工事を東京優駿の開催は変更しない前提で日程を組んでいる。これは前述の7大原則の7の「以上1から6を満たす競走は国内において本競走のみとすること」に基づいているからである。

創設期には国内に比肩のない大競走であり、その後競走体系の整備が進むにつれて「二大競走」、「五大競走」、「八大競走」等と称されてきたが、常にその中核をなし、国内での最高賞金を誇っていた。後に、一年の活躍馬を集めて年末に行われる有馬記念や海外の活躍馬を招待して開催されるジャパンカップに賞金面では譲り、公式な格付においても専ら外国の馬に対する出走制限を理由に国際統一規格に基づく格付から外れ、この格付上は国内の他の多くの競走よりも下位におかれるようになった(興行上は独自の格付であるJpnIとして名目上の最高格を維持した。2010年からは正式に国際規格に基づく最高格のGIと認定される見込みである。)。さらに近年、本競走を頂点とする従来の国内の競走体系から、様々な距離体系等の分野別のチャンピオンを選別する体系に遷移し、必ずしも全ての競走馬が本競走を目指すという状況ではない。しかしながら、しばしば、ある年の一年の競馬を端的に表す場合には有馬記念やジャパンカップの優勝馬や年度代表馬ではなく、その年の本競走の優勝馬が挙げられ、日本競馬界の象徴であり最大級の目標であるという点については創設以来の価値を保っている。






競馬予想
競馬予想 無料
競馬予想 ゲーム

 

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © 競馬予想 無料【日本ダービー】GI~競馬予想データCLUB~ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

フリーエリア

プロフィール

HN:
競馬予想 無料 日本ダービー
性別:
非公開
趣味:
競馬予想
自己紹介:
競馬予想 無料【日本ダービー】JpnI〜競馬予想データCLUB〜では、日本ダービーの詳細などを公開!また、レースデータ分析もおこなっております。

バーコード

ブログ内検索

P R