忍者ブログ

競馬予想 無料【日本ダービー】GI~競馬予想データCLUB~

競馬予想 無料 5月 東京競馬場開催 日本ダービーG1についての情報掲載☆レースデータ分析も公開中!是非、あなたの競馬予想(馬連・馬単・3連複・3連単)の参考にしてみてくださいね♪

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

競馬予想 無料 日本ダービー 東京優駿 エピソード

競馬予想 無料 日本ダービー 東京優駿 エピソード


  • 最年少勝利騎手は第12回を優勝した前田長吉の20歳3か月。日本中央競馬会成立以後に限ると、第38回を優勝した田島良保の23歳7か月。
  •  
  • 長年ダービーの最多勝利ジョッキーは2勝が大多数で連覇達成もなかなかできない状態だったが1998年に初優勝を達成した武豊騎手が1999年に史上初の2連覇、2002年に新記録の通算3勝目(2005年に4勝に伸ばしこれが現状のレースレコード)を達成した。なお連覇は2008年まで武豊と四位洋文(2007、2008年)しか達成していない。
  •  
  • フルゲートが20頭代後半(1970年代で概ね28頭。多い年は30頭を超すこともあった)であった1990年頃まではテレビによく映るからとの理由で距離がもたないと分かりながらも大逃げを打つテレビ馬と呼ばれる馬が存在した。そのため東京優駿は概ねハイペースとなった。また、その頃まで第1コーナーに入る時点での10番手以内は「ダービーポジション」と呼ばれ、大外枠(8枠)は勝てないという至極真っ当なジンクスもあった。そのジンクスが破られたのはフルゲートが20頭となった1991年で、この年の勝ち馬トウカイテイオーの枠番は8枠20番だった(1992年からは馬番連勝複式勝馬投票券の導入に伴う法令上の都合から出走頭数制限がなされ、最大18頭までの出走となる)。
  •  
  • 本競走の優勝馬の中にはその後故障による早期引退や成績不振に喘いでいる馬が多いのに対し(グレード制導入の1984年以降の勝ち馬で古馬になってからもGI競走を制したのはシンボリルドルフ(1984年)・トウカイテイオー(1991年)・スペシャルウィーク(1998年)・ディープインパクト(2005年)・メイショウサムソン(2006年)・ウオッカ(2007年)の6頭のみ[12])、2着入賞馬はその後1着馬以上に活躍・出世するケースが近年顕著になってきている。1984-2007年の2着入賞馬24頭のうち実に14頭がその後GI(JpnI)競走を制しており、さらにその内のメジロライアン(1990年)・ライスシャワー(1992年)・ビワハヤヒデ(1993年)・ジェニュイン(1995年)・シルクジャスティス(1997年)[13]・ダンツフレーム(2001年)・シンボリクリスエス(2002年)・ゼンノロブロイ(2003年)・ハーツクライ(2004年)の9頭が古馬GI競走を制している[14][15]
  •  
  • 優勝馬の血統面に関してもかなり由緒の高い一面がありトニービンの初年度産駒がクラシック世代に到達した1993年以降、1996年のフサイチコンコルドと2004年のキングカメハメハ以外は三大種牡馬(サンデーサイレンス・トニービン・ブライアンズタイム)の直仔・孫が優勝している。2003年のダービーではサンデーサイレンス系(直仔または孫)の馬が掲示板を独占することとなった。 
  •  
  • 例年、東京優駿のファンファーレ、表彰式の演奏は陸上自衛隊中央音楽隊が担当している(他にもジャパンカップや年度にもよるが有馬記念でも同様に演奏を担当している場合がある)。なお、ファンファーレは競走の出走可能頭数と同じ18人で演奏する。
  •  
  • 中央競馬の3歳クラシック競走ではゼッケンは紺地に黄色の数字のものを使用するが、本競走に限り「伝統ある競走」という意味合いから一般競走と同様の白地に黒の数字のものを用いる。ただし一般競走のそれと異なり、金糸による縁取りが1994年から施されている。また馬番の下に記載されるものはスタンド側から見えるものについては馬名、内馬場側から見えるものについては第○○回日本ダービーの表示である。なお、その他のGI競走で使用されるゼッケンは紺地に白色の数字を用いたものである。また、馬名が併記されるようになったのは1988年以降である(それまでは馬名入りゼッケンはジャパンカップ(1983年の第3回より使用)のみであった)。
  •  
  • 競走馬輸送を行う日本馬匹輸送自動車は馬運車に東京優駿の歴代優勝馬の名前をつけている(最近は名前が足りなくなり顕彰馬の名前をつけているものもある)。
  •  
  • 中央競馬ではほとんどのGI・JpnI競走は第11競走で施行される[16]が、東京優駿当日は全体の競走数ならびにメインとなる本競走の競走番号が他の競走と異なる[17]。1989〜2001年までは当日は全部で10競走で東京優駿は第9競走で行われていた。2002年からは全体で1競走増加し当日は11競走行われ、東京優駿は第10競走で行われていた。2006年からは東京優駿当日についても全体で12競走行われるようになり、最終12競走に目黒記念を薄暮競走として実施するようになったが、東京優駿は2005年までと同様第10競走で行われる。通常の日程と勘違いして勝馬投票券を第11競走のものを購入してしまう観客も度々見られる。購入の際には注意が必要である。また馬券を発売している施設では注意喚起の放送が繰り返される。
  •  
  • 2005年までの段階でデビュー戦を小倉競馬場で迎えた競走馬が東京優駿を制した例は無かったが、2006年の本競走においてメイショウサムソンが小倉デビューの競走馬として史上初めて優勝した。
  •  
  • 2009年現在、クラシック競走で唯一連覇した調教師がいない。本競走を8勝した尾形藤吉でさえ成し得なかった。
  •  
  • 2006年12月、1997年にサニーブライアンで制した大西直宏が騎手を引退したことにより美浦トレーニングセンターに所属する現役ダービージョッキーが不在になる事態となり[18]、2009年に横山典弘がロジユニヴァースで勝つまで続いた。横山の勝利まで美浦トレーニングセンター、またそれ以前の関東圏の競馬場に厩舎が所属していた時代も含めて関東圏に籍を置く現役ダービージョッキーが不在になるという事態は日本近代競馬のクラシック路線の成立後、史上初の事態であった。


競馬予想
競馬予想 無料
競馬予想 ゲーム
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © 競馬予想 無料【日本ダービー】GI~競馬予想データCLUB~ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

フリーエリア

プロフィール

HN:
競馬予想 無料 日本ダービー
性別:
非公開
趣味:
競馬予想
自己紹介:
競馬予想 無料【日本ダービー】JpnI〜競馬予想データCLUB〜では、日本ダービーの詳細などを公開!また、レースデータ分析もおこなっております。

バーコード

ブログ内検索

P R